# 「知識を操る超読書術 / DaiGo」を読んだ

# なぜ読んだの?

DaiGo さんの本はもともと好きで、今年はたくさん本を読もうと決めた矢先に、書店でたまたま見かけたので、直感で購入しました。 以前に「自分を操る超集中力」「好きをお金に変える心理学」など心理学系の本を読んだこともあり、 ためになる内容がたくさんあったので、読書方法に関しても、ここで改めて新しいインプットがあれば良いなと期待を込めて購入しました。

# 3行でまとめると?

  • 読書は「読む準備」と「読んだ後のフォロー」が大事。特に「読む準備」が大切で、本から得たい知識を決めることを読む前にすると良い。
  • 本は全部読まなくて良い、知りたいところにフォーカスするのが大事。
  • アウトプットした方が定着しやすい。かといって定着しないことを恐れすぎるのも良くないので、気楽に。

# 自分に活かすところ 3 つ

  • キュリオシティ・ギャップを導入(既に知っていることと、これから知ることができることの差をノートに可視化する)
  • メンタルマップを導入(何か行動を起こす時に「その理由」「もたらされるメリット」「期待していること」を箇条書きで書く)
  • 読んだら絶対にブログかツイッターにアウトプット。できれば人に話す。

読書ログをブログに書いていきたい気持ちなのですが、まだフォーマットが定まっていないので探り中です。 とりあえず今のをひな形にして、ブラッシュアップしていこうと思います。

知識を操る超読書術 | Amazon